1. Kiefer neu
  2. SUPPORT

SUPPORT

革製品のメンテナンスについて

基本的なお手入れ

普段お使いになる中で、簡単かつお金をかけずに行なって頂けるお手入れは“汚れやホコリを乾拭きで落とす”ことです。 きれいで柔らかめな乾いた布でこまめに拭いてあげて下さい。 その際、こするのではなくあくまで拭く、なでるようなイメージで乾拭きしてください。

保管方法

kiefer neu(キーファー ノイ)を長く上手に保管するには以下の3つのコツがあります。

  1. 直射日光が当たらない日陰で保管する(色あせ・乾燥の防止)
  2. 中に乾燥したタオルなどを適度に詰める(型崩れ・湿気の防止)
  3. 3ヶ月に1度程度きれいな手でなでる(適度な油分の補給)

おすすめお手入れアイテム

皮革用デリケートクリーム
基本的には乳化クリームと同じです。「水」「油」「蝋」が配合されている皮革用クリームです。 ただ、デリケートクリームは無色の乳化性クリームと異なり、油と蝋の配合が少なめで、水分が主体のクリームとなっています。 そのため、デリケートな革や革靴以外の鞄や財布などのケアにも使える非常に汎用性のある万能クリームです。革製品のお手入れグッズとしては一つはもっておきたいクリームです。
防水スプレー
ご購入後、簡単にほこりを乾拭きで拭き取った後、皮革製品用の防水スプレーをお使い頂くと良い状態が保てます。

こんなときは

水に濡れてしまったら?
乾いた布でたたくようにふきとり、直射日光を避けて陰干しにします。
汚れがついてしまったら?
硬く絞った布でたたくように拭き取ってください。消しゴムなどを使うのも良いです。
キズがついてしまったら?
革についてしまったキズは消す事が出来ません。しかし、そのキズも革の個性として馴染んできます。
ケア用のクリームなどを優しく塗り込むことでより目立たなくなることもあります。

故障・トラブル・修理 が必要になったら

こちらからお問い合わせください。

  • ※メーカーの株式会社松本の問い合わせフォームへリンクしています。

商品の品番と状況がわかる写真などを添付して頂くとスムーズです。品番がわからない場合は全体がわかる写真をお送りください。
修理をご希望の場合はお客様のお住まいによってお送りいただく住所が異なります。これはお客様にご負担いただく片道分の送料を安くするためですのでどちらにお送りいただいても構いません。

東日本地区
株式会社マツモト東京本部キーファーノイ修理係(〒111-0052 東京都台東区柳橋1-11-10 TEL:03-3861-6141)
西日本地区
株式会社マツモトカスタマーセンターキーファーノイ修理係(〒486-0912 愛知県春日井市高山町4丁目9-7 TEL:0568-35-5860)

back top